薬剤の調合業務

ドラックストアの労働環境と違い

ドラックストアは深夜まで営業をし、更には、ゴールデンウィーク・お盆休みも営業をしているため、薬剤師の転職先としてはかなりハードな労働環境と思っている人がいることも事実です。しかし、勤務はシフト制であるため残業や休日出勤等がほとんどなく、ハードなイメージと違い、最近では薬剤師の転職先として人気があります。

ちなみに、ドラックストアを展開している企業は企業規模もしっかりしているため、年収や福利厚生面等に関しても充実しているケースが多いことも大きな特徴です。つまり、勤務がしやすいことが大きなポイントです。

ドラックストアでは処方箋に基づく調剤をすることもありつつ、薬剤師自身がお客さんの症状を確認しながら市販薬を販売することもあります。即ち、子供から大人のお客さんの症状や状態を確認するスキル、販売に関するスキル等を身に付けることができることも大きな特徴です。

これらのことは、病院等で勤務する場合との一番の違いと言えます。つまり、薬剤師という資格に加えて様々なスキルを身に付けることができる労働環境なのです。言い換えれば、人と接することが好きな薬剤師には、このような労働環境が非常に向いているのです。



製薬会社の労働環境と違い

薬剤師は、調剤や医薬品の供給などを行う仕事ができる国家資格およびその資格を有する人のことです。薬剤師になるためには大学において薬学を修めて薬剤師国家試験に合格し、薬剤師名簿に登録されることで免許が与えられるものです。

資格が必須として求められる職場としては、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社などがあります。実際に需要が多いのは調剤薬局およびドラッグストアが中心で、製薬会社などは求人が少ない上に需要も多いため就職するには高い倍率を超える必要があります。また薬学の知識を活かして資格が必須ではない職場でも働く人も多くいます。

労働環境に関しては、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社ともに初任給はそれほど変わりません。しかし、長く勤めることで昇進と昇給が見込める製薬会社の方が高給を得られるチャンスがあります。そのため年収が1000万円を超えることも可能です。

これは新薬の開発などに携わるためで、新薬が開発できれば会社にとって、莫大な利益を得ることができるためです。ただし競争倍率は高いため就職するのは困難です。一方で、そのほかの場合には飛び抜けた昇給は見込めないのが現状で、多くの場合には700万円が年収の頭打ちとなりますが、比較的求人が多いメリットがあります。



MRの業務内容と違い

薬剤師資格を持ってバリバリ稼ぎたいのなら、MRというのも選択肢の一つになるでしょう。これは、薬剤についての知識を紹介したり、副作用をきちんと伝えるということもそうですが、薬についての様々な知識を教えてそのお薬を実際に使ってもらうというのがひとつの仕事無いようになります。

薬剤についての仕事としては特に営業としての面が強く、製薬会社に勤務して薬剤についての営業活動を行う、というのが基本的なスタンスです。ただ、この仕事の場合は薬剤師の資格も活用できます。また、業務内容は外回りが多いため活発な人が向いているでしょう。年収も高めの傾向があります。

MRとなる場合、業務内容だけではなく将来性も違ってきます。外資系製薬会社の30代にもなると、収入がとても高くなるというのがひとつの傾向です。製薬会社の待遇にもよりますしあなたの成績次第ということもありますが、とにかく収入が高いのが一番のメリットでしょう。

また、それなりにハードワークにはなりますが、その分たくさんの人とあって話をしたいという人や、色々なところで仕事をしたいという人には向いている職業でしょう。薬剤師とは違いの大きな仕事ですが、なかにはいちどたいしょくしたあとに薬剤師として働くという人もいます。



薬剤師の業務量と働きやすさ

薬剤師という資格は、非常に活用できる先の多い資格です。実際資格があるということを伝えると、薬や医療業界への転職先の声が非常に多くなることでしょう。こういった場合、いくつかの選択肢があります。ひとつは働きやすさを重視した場合です。

働きやすさを重視した場合、一般的な薬剤師ならば業務量が多く残業などもよくある製薬会社やMRなどは非常に厳しい働き先といえるでしょう。パワフルに働ける人向けの仕事なので、業務量も非常に多いのが特徴的です。ただ、その分お給料はよく、待遇も非常に高くなっています。

働きやすさに注目すれば、処方薬局ならばそれなりにのんびりと働くことが出来るでしょう。最近の薬局には様々なところがありますが、主に子供がいても働きやすいママさん向けの短時間労働などの配慮をしてくれるところもあり、非常に働きやすくなっているようです。

ドラッグストアはレジ業務や商品陳列、お客様への商品の案内などもあり、若干厳しいところもあるようです。とはいえ、この仕事の場合は特に頭を使わず出来る仕事もたくさんありますから、難しいことはしたくないというのならば良い職場ともいえるでしょう。



薬剤師の残業時間と年収

薬剤師も30代となると年収500万円を超える層もかなり多くなり、全体の半数以上はその様な収入を得ることになります。そのため年収に関しては全体的に高くなってきていると言えるでしょう。勤務状況としては月間の残業が20時間未満と言う比較的余裕のある環境下で勤務をしている層が多くなっている傾向があります。

最も多数派を示すのが月額残業時間が5時間未満という安定した環境下での仕事であり、残業が少ないにもかかわらず600万円前後の年収となっている層が多くなっているのが一般的な傾向となっています。

一般的に薬剤師の業務には複数の業務形態があります。調剤薬局の様に限られた枠の中で営業している場所もあれば、ドラッグストアの様にかなり遅くまでの営業を行うケースもあります。病院の場合には24時間勤務が行われることもあるでしょう。その様な業務形態の違いが、残業時間の差を生む一つの原因となっています。

しかしながらその様な残業時間の差は収入の差として現れる傾向があまり強くありません。薬剤師については残業が少ないにもかかわらず収入が多いと考えられる層が多く、恵まれた環境にある職場がある一方、月間40時間を超える残業をしても収入の水準はほとんど変わっていないというデータが存在しています。



薬剤師の勤続年数と年収額の関係

薬剤師は国家資格を取得することで携わる業務ということもあり、初任給は比較的高めとなります。資格を取得するために関門を突破することへの報酬とも見られるものです。けれどもその収入は経験値に応じて、それほど上がらないことが業界の流れとなっています。

そのためにある程度の経験を積んだ後に転職という形で収入を上げるケースが多く見られるものです。もちろん全ての人が望み通りに転職できるわけではありませんし、また思うように収入が増えないケースもあるものです。また経験を積むにつれて年齢も重ねることも課題になります。

基本的には、勤続年数が長いほどに年収は高まる傾向にあります。けれどもその昇給の額に満足できないケースが多く見られるものです。将来のライフプランを考える時に、現状の年収額では不安を覚えることになるわけです。

もちろん、安定した収入を得られる安心感はあるので、あえてリスクをとって転職を考える必要を感じない人もいます。ただ、最近では口コミによって他の会社の年収額も目にすることが多くなっているので、他の会社に魅力を感じることも不思議ではないということです。もちろん転職したとしても、やはり昇給額はそれほどには期待できないのが薬剤師の業界ということになります。

薬剤師求人情報