40代の薬剤師が転職を考えるきっかけは、家庭内の事情が絡んでくる場合があります。子供が反抗期を迎えたりして、これまでとは違った子育ての悩みが出てくるのです。今までの職場では、なかなか家族といる時間をとることができなかったりすると、子供ともっと一緒にいることができる職場にかわりたいと思うようになります。

そのようなことが理由となって、新しい職場探しをする人が多くおられます。薬剤師として働きながら、土曜日や日曜日は休みたいとか、一週間に2日は休みが欲しいなど、いろいろと希望が叶う職場探しをするのです。

40代は、子育ても仕事もとても大変な時期でもあります。子供もある程度大きくなってくるので、それぞれの家で問題もいろいろと出てきてしまいます。ドラッグストアなどで働いている薬剤師の場合は、立ち仕事が多いですし、帰りも遅くなることが多く、今後続けることができないとなってしまうこともあります。

体力が持たなくなってしまって、結局転職をかんがえる人もおられるのです。薬剤師として働いていても、職場によって環境は全く違ってきます。しっかりと自分に合った職場を探すことが大切になってくるのです。