国家資格を必要とする薬剤師の収入は比較的高いものです。少なくとも新卒で採用される同期の中では高い部類に入ります。けれどもその後の昇給に関して不満を持つケースは割と多いものです。

もちろん勤める会社にもよりますが、調剤薬局の場合には業務内容がある程度限定されることが背景にあります。そしてその業務内容においてもやりがいを感じないと思うケースも見られます。

転職先として未経験となる業務を求める人が多いことからも、その傾向があることはわかります。そして薬剤師としての経験を活かすことで、未経験であっても採用されるわけです。

薬剤師が職場を変えるきっかけとして多いのは、収入の増加とやりがいを求めることがほとんどです。ある程度の経験を積んだ時点で考えるようになる人が多く見られるものですが、例えばドラッグストアなどはその点において人気のあるものです。

これまでは狭い空間で調剤に徹していたものが、接客や商品の仕入れや陳列といった店舗運営に関する業務を行うようになるわけです。調剤薬局を自分で開くという目標を持つ人がいる一方で、このように新たな新天地でこれまでの経験を活かしつつも働きがいを求める人も多いというわけです。