薬剤師の転職では、英語力のスキルが必要となる場面も多いです。まず、身に付けられる現場には、調剤薬局があります。これはどこでも良いわけではなくて、お客に外人が多い薬局になります。

そのため、都内や地方都市でも外人の多い所にある薬局が望ましいです。英語が必要となるのは、服薬指導をするとき、外人の患者と対話をする場合です。

直接対話をすることになるので、日常会話が出来るぐらいのレベルは必要となります。また、病気の症状や薬、成分の名称なども話せるようになっておかなければなりません。仕事の合間に、スクールなどに通って学ぶのもお勧めです。

製薬会社やCRO(治験支援会社)、医療機器メーカーに勤務して、学術業務や・DI業務・薬事業務(薬事申請や品質保証、品質管理など)に関わるのもお勧めです。学術業務では、副作用情報の収集や添付文書の作成で、国内や海外の症例評価などが仕事になります。

とくに海外の臨床試験だと資料が日本語ではないので、読解力が必要です。また、海外の担当者とのやりとりやライティング力なども必要になりますし、薬事業務でも同じようなことを行うので必須となります。他にも外資系企業だと、レポートラインや会話力なども求められることあり、中にはTOEIC800点以上が必要な会社もあります。