薬剤師の開発というのは、これまである薬に対して全く新しい薬を開発したり、今はジェネリックと呼ばれるタイプの安価な薬が出ていますので、そのような薬剤を開発するのが主な業務内容です。

主に大きな製薬会社の開発部署に所属したり、新薬研究についての大学チームに所属したりするなどが主なルートとなります。また、この仕事の場合はMRなどというような仕事よりも内勤であることが多いものの、待遇にあまり違いはないとも言われています。人気のある部署ですし力を入れている部署ですから、狭い門ともいえるでしょう。

この場合、比較的難しい部署であり、また長いこと働くということについてはあまり考えないほうがいいのかもしれません。新しい薬剤を作りたい、という人ならば夢の様な業務内容ですが、研究職という仕事上ハードワークであり、大学卒ではなく院卒程度の知識や学歴が求められる場合もあります。

また、中には新薬研究として入って、治験や臨床データを集めるという仕事に回されることもあるようです。また、大学などで研修という役割で入ることもあるようですが、その後に採用されるという確約もありません。ただ、薬剤師としてのやりがいは非常に大きな仕事でしょう。